志望理由は、面接で聞かれる代表的な質問と言っていいでしょう。

面接の双方で大切な事

面接の双方で大切な事
面接の双方で大切な事

面接で聞かれる代表的な質問

志望理由は、面接で聞かれる代表的な質問と言っていいでしょう。志望理由を考えるとき、その企業を好きになった理由を探すことにやっきになる人が多いです。さらに、面接本番で志望理由を聞かれると、御社の社風が自分に合っていた、扱っている商品に愛着があるからなどと答えてしまう人がいます。女性の場合は、女性社員が多く活躍しているからと答えることも少なくありません。これらの答えは、全てNGと考えましょう。企業側が知りたいのは、自社を好きになってくれた理由ではありません。応募者が自社のニーズに合っているかどうかを知りたいわけです。

ですから、志望理由を聞かれたら、好きになった理由を答えてはいけません。自分がニーズに合っていると言うことをメインにアピールしていきましょう。転職希望者の場合は、今までの経験を活かすことができると言うことを、具体的に語らなくてはいけません。もちろん、企業のニーズを踏まえた上でです。ですから、企業のニーズは事前にしっかり調べておかなくてはいけません。企業のニーズが分からないのでは、自分の売り込み方も分からないからです。求人情報や企業のホームページを、隅から隅までチェックしましょう。

Copyright (C)2017面接の双方で大切な事.All rights reserved.