中途採用を行っている企業は、漠然と募集をかけているわけではありません。

面接の双方で大切な事

面接の双方で大切な事
面接の双方で大切な事

面接で採用担当者が知りたいこと

中途採用を行っている企業は、漠然と募集をかけているわけではありません。必ず求める人物像を明確に決めています。ですから、面接で採用担当者が知りたいことと言うのは、応募者が求める人物像に近いかどうかです。つまり、応募者のこれまでの経験を具体的に知りたいと考えています。面接で自己アピールしてと言われたら、応募者は名前だけを言って終わってはいけません。これまでどのような仕事をしてきたかと言うことを聞かれていると捉えることです。これまでの経験の中で、企業側が求める人物像に近い部分を語るようにしましょう。

言うまでもありませんが、具体的に語らなければいけません。一生懸命努力した、頑張ってきたと言う抽象的な言葉では、何も伝わらないと考えましょう。努力よりも結果が重要です。精神論はビジネスの世界では通用しません。幼稚な人と言う印象を与えかねないので注意しましょう。今までの経験や実績を語るコツは、具体的な数字や会社名などの固有名詞を盛り込むことです。これらを盛り込むだけで、一気に信憑性が増します。しかし、気をつけなければいけないのは、専門用語を多用することです。分かりにくくなるので、専門用語はあまり使わないようにしましょう。

話題になっている求人についての話はこのWEBサイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017面接の双方で大切な事.All rights reserved.