転職面接で必ず聞かれること、それは退職理由です。

面接の双方で大切な事

面接の双方で大切な事
面接の双方で大切な事

転職面接で必ず聞かれることは退職理由

転職面接で必ず聞かれること、それは退職理由です。退職理由は前向きなものにしなければいけません。単純に嫌になったから辞めたと言ってしまうようでは、いつまで経っても採用されないでしょう。やりたいことがあったが、前の職場では不可能だったと言う風に伝えるのが基本です。しかし、本当に前の職場では実現できなかったことなのかどうか考えなくてはいけません。たとえば、店長になりたかったが前の職場ではなれなかったと言うと、努力が足りなかっただけではないかと言われるでしょう。物理的に無理だったと言うことを伝えることです。

また、やるべきことは全てやったかどうかも重要になってきます。努力もしていないのに、店長になれなかったから辞めたと言う人が採用されるわけはありません。やることを全てやったうえで、自分のやりたいことが前の職場ではできなかったのなら問題ないでしょう。やる気がないと見られることはありません。そして、退職理由を面接で聞かれたら、まずは短めに伝えることです。掘り下げて質問されたら、詳しく答えるようにしましょう。最初から全てを話そうとしなくてもいいです。退職理由に関しては、聞かれたことだけ答えればいいでしょう。

Copyright (C)2017面接の双方で大切な事.All rights reserved.