転職面接で必ず聞かれることと言えば、やはり退職理由が挙げられるでしょう。

面接の双方で大切な事

面接の双方で大切な事
面接の双方で大切な事

転職面接で必ず聞かれるのが退職理由

転職面接で必ず聞かれることと言えば、やはり退職理由が挙げられるでしょう。何か問題があって辞めたのではないか、すぐに辞めてしまう人ではないかと言う採用担当者の不安を一掃しなくてはいけません。前向きな理由を語りたいところです。しかし、失敗する人も少なくありません。語ってはいけない退職理由とは何かを知っておきましょう。まず、前の職場や上司や同僚の悪口を言うのはタブーです。相性の合わない上司の下で働いていた人は、その上司のひどさを語り、採用担当者に同情してもらおうとします。

同情してもらうことで退職理由を分かってもらおうと言うのでしょう。言うまでもありませんが、採用担当者は同情などしてくれません。上司とのトラブルは、どんな会社でも起こる恐れがあります。上司の悪口を採用担当者に語るような人は、トラブルメーカーと見られても仕方ありません。採用担当者の中には、応募者の方に問題があったのではないかと考える人もいます。また、前の職場の勤務条件への不満も言わないようにしましょう。残業時間が多過ぎたから辞めたなどと言ってしまっては、その面接は失敗に終わります。もしこれらが事実だとしても、正直に言ってはいけません。

Copyright (C)2017面接の双方で大切な事.All rights reserved.