転職面接で退職理由を語るとき、気をつけなければいけないことがあります。

面接の双方で大切な事

面接の双方で大切な事
面接の双方で大切な事

転職面接で退職理由を語るとき

転職面接で退職理由を語るとき、気をつけなければいけないことがあります。病気やケガが理由で退職した人は、それを正直に言うのは避けた方がいいでしょう。とくに、精神的な病気が原因となって退職した人は、今後も健康上の問題が起こるのではと心配されてしまいます。そう言う人を採用することはないでしょう。病気やケガで退職したとしても、それ以外のポジティブな理由を語らなくてはいけません。少々強引でもいいのでポジティブな理由を探しましょう。しかし、病気やケガで辞めたと言うことを言わざるを得ないこともあります。その場合は、現在は完全に治っていると伝えましょう。

また、最近はリストラや派遣切りに遭う人がかなり増えました。今後もこのような人は増えていくでしょう。面接ではこのような事実を隠そうと必死になる人が多いですが、わざわざ隠す必要はありません。リストラや派遣切りに遭ったことは、正直に伝えても問題ないとされています。しかし、リストラに遭って辞めざるを得なかったと言うだけでは、マイナスの印象を与えることになるでしょう。今までの経験を次に活かしたいと言う前向きな気持ちに切り替わっていると言うことをアピールしましょう。

話題になっている求人についての話はこのWEBサイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017面接の双方で大切な事.All rights reserved.